1. >
  2. >
  3. 盗聴に注意

盗聴に注意

「家族しか知らないはずの情報を、赤の他人が知っている」
これはとても恐ろしいことですよね。
しかし、自宅内に盗聴器を仕掛けられることによって、そのような被害にあってしまうこともあるのです。

空き巣に入るタイミングを知る手段

盗聴というと、サスペンスドラマや探偵小説の中のもの・・・と思っている人が多いかもしれませんが、実はそうではありません。
とくにマンションの場合には、前の住民を何らかの目的で盗聴するために犯人が仕掛けた盗聴器が残ってるというケースや、空き家になったタイミングでマンションのなかにうまく入り込み、しかけてしまうケースなどもあるそうです。
そして盗聴器の電波は、周波数さえ合わせれば仕掛けた犯人以外でも傍受することが可能なのです。
高級マンションの場合なら、すんでいる人はそれなりに資産を持っていると認識されるでしょう。
そして、この盗聴が空き巣に入るタイミングを知る手段としてそれが利用されたとしたら、これほど恐ろしいことはないですよね。

簡単な機械も市販で売られている

盗聴されているかどうかは、どのようにすればわかるのでしょう?
これには、日常の「なにか変だな」という感覚に敏感になることが大切です。
たとえば、かかってきた電話を取ると無言で切れてしまう、郵便受けのダイヤルキーが動かされている・・・
このようなことがあった場合、犯人が空き巣に入るための下調べをしている可能性も考えられます。
盗聴器を発見するための簡単な機械も市販されているので、気になる場合にはそれらを利用するのも良いかもしれません。

コンクリートの壁を通して

盗聴器のタイプとして多いのが、コンセントの差し込み口に似せた形のもの。
これは、盗聴器の電源をコンセントから確保できるために犯人たちには好まれているようです。
また、電話での会話を専門に盗聴するための小さな盗聴器が電話に組み込まれていたり、マンションの隣の部屋からコンクリートの壁を通して音を拾う「コンクリートマイク」という道具を使っているケースもあります。

もし、どうしても不安な場合には、専門業者に相談してみるのも一つの方法かもしれません。
盗聴、盗撮の被害を専門に扱う業者もありますし、探偵会社でも相談に乗ってくれるでしょう。
最初は無料で相談にのってくれるところもありますから、まずはそのような場所へ連絡してみると良いかもしれません。
とはいっても、明らかに被害に合っていると分かるような場合には迷わずに警察な飛び込んでくださいね。