1. >
  2. >
  3. サムターンカバーをつけよう

サムターンカバーをつけよう

マンションの空き巣被害で多いのが、「サムターン回し」という方法によるもの。
これは、玄関の鍵の内側にある、鍵を開けるつまみ(サムターン)を、針金などを使って開けてしまうという方法のことです。
以前は鍵そのものを壊す「ピッキング」が主流でしたが、今では空き巣被害のほとんどはこのサムターン回しによるものとか。

サムターンカバーとは

一般的に、マンションのドアには新聞受けがついていますよね。
ここが最も狙われやすいポイントです。
ここの部分から器具を差し込んで、中のサムターンを操作して鍵を開けてしまうのです。
新聞受けに蓋のないタイプの場合はとくに注意が必要です。
その他にも、ドアのすき間から針金を差し込む方法や、ドアにドリルで穴を開けてしまう方法なども多いとのこと。
それを防ぐための防犯グッズが「サムターンカバー」です。
これはドア内側の鍵の周りに取りつけることで、サムターンを守る道具で、さまざまな種類のものが市販されています。

力のかかり具合が違うことに注目して作られた

最も多いのは、サムターンの周りを丈夫なプラスチックや金属で作られたカバーでぐるり囲うタイプ。
より防犯性を高めたものでは、サムターン全体を丈夫なカバーで覆ってしまい、開けるときだけそれを取り外すというタイプもあります。

最近は、サムターン自体に改善を加え、サムターン回しを防いだタイプの鍵も増えているようです。
これは、器具でサムターンを回そうとした場合と、手で回す場合で力のかかり具合が違うことに注目して作られたもの。
外部からサムターン回しをしたときのように、1点に集中して力がかかった場合には、サムターンは回らないようになっています。

他にも、サムターン回し対策の鍵にはいくつかの種類がありますよ。
サムターンが取り外せるようになっており、その下は鍵穴になっているタイプは、ドアを開ける時だけ取り付けて使います。
また、「押しながら回す」など、2つ以上の動きを組み合わせて開錠するタイプのサムターンも増えています。
このような仕組みであれば、外から開けられる心配はありません。

ドアスコープにも防犯対策を

サムターン回しでは、ドアスコープを外してそこから器具を入れる手口も多いため、ドアスコープにも防犯対策をすることをおすすめします。
意外なことに、通常のドアスコープは、外側から外すことが可能なのだそうです。
防犯用のドアスコープは、特別な機構を使って外からは外せないような仕組みになっています。
ドアのサイズが合えば付け替えは簡単にできるので、取り替えておくと安心ですよね。