1. >
  2. >
  3. 人感ライト

人感ライト

人感ライトというのは、玄関先に人が近づいたきににそれを感知して、設置していたライトのスイッチを入れるという機械のこと。
これをつけておくとこで、不審者が玄関先に近づいたときにライトをつけることができます。

ターゲットとする住宅をきめるとき

たとえば夜、周囲が暗い状況でライトがつけば当然めだってしまいますから、それだけで不審者たちは侵入をあきらめる可能性が高いのです。

こうして防犯対策への意識が高い家であることをアピールするだけでも、防犯に対する効果は大きいもの。
空き巣などの不審者は、ターゲットとする住宅をきめるときに、「その家への入りやすさ」を重視すると言われています。

その原理からすると、ライトがついて目立ってしまう人感ライトがついた家というのは、空き巣にとっては敬遠すべき家ということになるのです。

玄関先を明るくする人感ライトは役に立つ

また、夜、くらい中でカバンの中をごそごそやり、玄関先で鍵を探しているという人は多いかもしれませんが、このような住人に襲いかかって鍵を奪うというケースも実はあるのだそうです。
つまり、このようなタイプの被害を防ぐことにも、玄関先を明るくする人感ライトは役に立つのです。

人感ライトの設置場所としてまず考えられるのは玄関先ですが、それ以外にも考えられる場所は多くあります。
マンションであれば、ベランダにつけることの効果が大きいかもしれませんね。
とくに低層階の場合には、地上からベランダにのぼり、そこから侵入するケースもありますから、ライトによって威嚇することのできるこのアイテムは効果があるといえるでしょう。

人感ライトのセンサーは特徴

人感チャイムには市販されていて自分で設置できるものもありますが、より高度で正確なものを求めるのであれば、きちんとプロが使っているものを導入したほうがいいでしょう。
とくにマンションのような集合住宅の場合には、勝手に共用部分である廊下やベランダに設備をつけることができない規則になっているケースも多いので、まずはマンションの管理組合や管理会社に相談することが大切です。

人感ライトのセンサーは特徴のある形をしているので、見ればすぐにわかるもの。
つまり、人感ライトをつけていると、ライトが作動しなくてもそのことはわかるものなのです。
そしてこれは、空き巣や泥棒などの不審者は家に近づくことを避けるという意味で効果があるはずですよ。