1. >
  2. >
  3. 覗き見防止金具

覗き見防止金具

マンションでの生活では、玄関のドアからの不審者の侵入を防ぐことがまず大切になります。
一軒家に比べると、窓や庭からの侵入のリスクは低いものの、マンションだからといって油断することはできません。

ドアを開ける前に外を確認するため

たとえば、マンションのドアには必ずといっていいほど取り付けられているドアスコープ。
これは、家の中から玄関の外の様子を確認するためのもので、インターフォンが鳴ったときに、ドアを開ける前に外を確認するためのツールとしてとても有効です。

しかし、このドアスコープが、逆に犯罪のための道具として使われてしまうことがあるのです。
ドアスコープというのは、その構造上、ドアの外側から、家の中を覗くことはできません。
しかし、特殊なルーペを通して覗くと、外側から家の中の様子を見ることができてしまうのです。

そしてこういったツールは、通信販売などでごく簡単に手に入ってしまうのです。
そして、これらを販売することも今のところ違法行為ではありません。
そのため、ドアの外側から家の中を覗くことは簡単なのです。

強姦の被害にあるようなケースも

幼い子供のいる家や、女性のひとり暮らしでは、これはとても不安なことではないでしょうか?
家の中を見られてしまえば、家族構成や普段の生活は筒抜けになります。
また、お風呂上がりに下着のままで家の中を歩くようなこともあるでしょう。
もしもそれらが、すべて外から見られていたら、とても怖いですよね。
また、こういったドアスコープを通した事前の「リサーチ」によって、ストーカーや強姦の被害にあるようなケースも発生しているのです。

つまり、たかが小さなのぞき穴であると、あなどってはいけないのです。
こういったトラブルから身を守るためには、ドアスコープを内側から塞いでしまうのが得策。
かといって、完全に穴を塞いでしまうと、不便ですよね。

小さなことが大きな威力を発揮する

そのような場合には、ドアスコープの穴の上に、マグネットで貼り付けるタイプのフックを取り付けてみてください。
このフックに、何かをかけておくことで、ちょうどドアスコープの穴の上に覆いができて外からは覗けないようになるはずです。
フックは100円ショップでも売られていますから、お金もかからずすぐに実践することができますよね。
とてもシンプルな方法ですが、防犯というのはこういった小さなことが大きな威力を発揮することもあるのですよ。