1. >
  2. >
  3. 掲示板をよく見よう

掲示板をよく見よう

道を歩いていると、地域の掲示板を見ることがあります。
地区ごとに掲示板が設けられ、色々な情報発信の場として利用されているものですね。
マンション内にも、地域でおきている情報を掲載する掲示板が設けられていることがあります。
この掲示板には、地区内で起きた犯罪や事件などが記されている場合があるので、必ず目を通す様にして下さい。

事件が見過ごされているという現実

最近は「地域でのつながり」が希薄になってきていて、隣に誰が住んでいるのか解らないなど、「周囲への関心の薄さ」が目立つ様になっています。
しかし、ここに犯罪への発展しやすさがあります。
以前は、何かあれば地域で協力し合ってお互いを守りあっていたものですが、今はその様なつながりもなくなり、地域のどこで事件があっても解らない・・・と言う様なことが多いのです。
新聞やニュースでやるような事件なら別ですが、そこで報道されないような事故や事件が見過ごされているという現実・・・。

回覧板をまわしても、ろくに読まないでまわしてしまう人もいますし、これではせっかく事故や事件の情報を流しても、目に入らないでスルーされてしまうでしょう。

掲示板には空き巣の情報などが良く記載

地域の掲示板には、地域内で起きた事件や事故のことが乗りますので、ぜひとも目を通して下さい。
ひったくりが多発している場合は、「ひったくり事件が起きています」と情報を得ることができます。
いつもはあまりひったくりを意識しない人でも、こうして掲示板に「事件が起きています」と書いてあるのを見たら、「気をつけよう」と思うのではないでしょうか。
他にも、空き巣の情報などが良く記載されていますので、見ることで有益な情報を得ることができるのは確かです。

情報が出ていても、受け取る側が受け取らなかったら何の意味もありません。
受け取ってこそ役に立つのが情報です。

犯罪に巻き込まれる確率を少しでも低くしよう

こうした情報を得ることで、「防犯対策をしなければ」と気が引き締まりますし、家族や友達に注意を促すこともできるでしょう。
自分が住んでいる地域のことを知っておくのは、本当に大切なことですので、定期的に掲示板を見るなどして「自分が住んでいる地域で、今何が起きているのか」を頭に入れておくことです。
知っているのといないのとでは、とても大きな違いがあります。

子供がいる場合は、子供が通っている学校からプリントが配られることがありますので、プリントで「事故が多発」「変質者が良く出ます」などの知らせを受けた時は、付き添いをするなどの防犯活動をされても良いかもしれません。
学校でも集団下校をするなどの対策をとるでしょうから、途中まで迎えに行くなどして「子供を守るための活動」をしていきましょう。

地域で注意喚起されていることには敏感になっていた方が、自分の身を守りやすくなりますし、良いのではないかと思いますよ。
犯罪は地域を問わず、あらゆるところで起きていますので、犯罪に巻き込まれる確率を少しでも低くすることができる様、自分たちでできる努力をしていきましょう。