1. >
  2. >
  3. 防犯カメラ

防犯カメラ

防犯カメラというのは、そのカメラを取り付けた場所の映像を録画したりモニタリングして監視し、犯罪が起きないようにするというもの。
防犯カメラというと、コンビニなどの万引き対策として設置されるものや、駅などに犯罪防止としてあるいは事件が起きた時の証拠の確保のために設置するというイメージが強いかもしれませんが、じつは、一般家庭においても有効なものであるのです。

アピールとしての効果が大きい

防犯カメラというのは、事件や犯罪被害が起きたあとに、その証拠を調べるために使うものと考えている人が多いかもしれません。
しかし、じつはそれ以上に、犯罪を未然に防ぐためのアピールとしての効果が大きいものなのです。

これは、「防犯カメラが設置されている」ということが、泥棒や空き巣へのアピールになるという意味。
泥棒や空き巣にとって、もしも侵入するのであれば、なるべくリスクの少ない家に侵入したいもの。

つまり、防犯カメラが設置されているような家には、あまり侵入したくないというのが事実なのです。
これ

空き巣の被害を防ぐことができる

をうまく利用したのが、にせものの防犯カメラです。
「防犯カメラが設置されている」という事実だけで空き巣の被害を防ぐことができるのであれば、わざわざ本物の防犯カメラを高いお金を出して設置する必要などないのかもしれません。

そういった考え方にもとづいて、「ダミーカメラ」とよばれる、にせものの防犯カメラが多数売られていますが、こういった製品は外見的に「にせものである」ことが分かってしまうようなものが多く、あまり役には立たないのだそうです。

つまり、いくら「防犯カメラを設置しているいること自体が防犯対策になる」とはいえ、偽物の防犯カメラでは意味が無いということ。

長期的な防犯対策として

防犯カメラを設置する場合には、そういったことも考慮した上で選ぶことが必要です。
そうなると、ある程度機能がしっかりしていて、なおかつ取り付けや運用が簡単であるものを選ぶのがいいかもしれませんね。

また、防犯カメラの設置場所についても、工夫していくといいかもしれません。
防犯カメラというのは、一度設置してしまえばずっと使えるもの。
だからこそ、長期的な防犯対策として、防犯カメラを検討してみるといいのではないでしょうか。