1. >
  2. >
  3. ダミーカメラには落とし穴がある!

ダミーカメラには落とし穴がある!

防犯対策のために、玄関にダミーカメラを置くマンションも増えていますね。
ダミーカメラとは、つまり「玄関に置く偽物の防犯カメラ」のこと。
ダミーカメラというのは、実は一般的に広く使用されているもので、お店などでも「数台あるうちのいくつかはダミー」であることも少なくありません。
ダミーカメラの目的とは、偽物とは気づかれないカメラを設置することで、泥棒を牽制しようというものです。
確かに、マンションの玄関先に防犯カメラが置いてあったら警戒する泥棒も多いでしょう。
実際に、一定の効果はあるという人も居ます。
だけど、賃貸マンションに長く住んでいる私は「ダミーカメラのみに頼った防犯対策」にはNO!といいたいです。

他の防犯対策

まず、ダミーカメラを置いてある家というのはそればかりに頼りすぎ。
防犯カメラは誰が見ても防犯カメラだと解るので、「これを置いておけば、入ろうとする馬鹿なやつは出てこないだろう」と思いすぎ。
でも、泥棒の中には、その家につけられている防犯カメラが偽物なのか本物なのかをすぐ見抜いてしまう人もいます。
偽物と見破られたら最後、入られておしまいです。
上記にも書いていますが、ダミーカメラをつけている家というのは「ダミーカメラの効果」に頼りすぎるあまり、他の防犯対策がおざなりになりすぎのことも多いです。

空き巣に入られた時の気持

ダミーカメラがダミーだと見抜かれたら、何の手も打つことができない、ということになってしまいがち。
現実のニュースでも、ダミーの防犯カメラを三つつけていたのに、空き巣に入られて財産を奪われたというケースを報道していました。
防犯対策をしていたと思っていたのに、空き巣に入られた時のやりきれなさと言ったらありません。
ダミーカメラは絶対ではないということを、肝に銘じておく必要があるのです。

ダミーカメラをつけるなら、まずは下記の点をよく確認して下さい。
1.カメラシステムは本物を使用し、それとダミーを組み合わせることで設置。
2.ダミーカメラは精巧で、なるべく本物に近いものを使うこと。
3.敗戦は本物のケーブルを使うこと。

上記の条件は、絶対条件だと私は思っています!
ネットショップなどでは、「本物と見分けがつかないダミーカメラ」と称してカメラが販売されていますが、これらの中には一目で「ダミーだ」とわかるものもあります。

過剰な期待をしない

解りやすいダミーカメラをつけることは、却って泥棒を引き寄せることになりかねません。
また、何度も泥棒をしたことがある人間だと、システムを見ただけで「ダミーだ」と見抜くこともあります。
私は声を大にしていいたい。
「ダミーカメラで何でもだませると思うな!」
ダミーは所詮ダミー。
他の方法と組み合わせて防犯対策をするか、もしくは「ダミーカメラは所詮防犯対策のひとつ」として、過剰な期待をしないか、とにかく「防犯カメラにだけ頼った対策は避ける」ということが重要です。

カメラをつけるなら、できれば「本物の防犯カメラをつける」ということが望ましいですね。