1. >
  2. >
  3. 万が一、泥棒に入られたらどうしたらいいのか

万が一、泥棒に入られたらどうしたらいいのか

日ごろから防犯対策をしっかりやっていたとしても、泥棒に入られてしまうことってあります。
泥棒に入られてしまった時、どう対応をしたらいいのでしょうか。
「泥棒に入られたらどうしたらいいのか」について、まとめてみました。

ドアを開けた時、泥棒に入られたことに気づいたら

まず、ドアをあけた時に泥棒に入られた!と気づいた場合です。
部屋があまりにも荒らされていると、ドアをあけたときに泥棒に入られたことに気づくことがあるでしょう。
この場合、どうしたらいいのでしょうか。
まず、こういうケースであったら「なにをおいてもまず逃げる」「ドアを閉めて、安全なところまで移動した上で、そこから通報する」という方法をとられることをおすすめします。
ダメなのは、「部屋に入って中を確認する」という行動です。
もしかしたら、部屋の中にはまだ強盗がいて、息をひそめているかもしれません。
泥棒と言うのは自分の顔を見られるのを嫌がりますから、顔をみられた段階で逆上して襲い掛かってきても不思議ではありません。つまり、この段階で「命が危険にさらされる可能性がある」というわけです。
もしあなたがドアをあけた時に「泥棒に入られた」と思ったら、逃げましょう。
なにより身の安全が大切ですからね。

部屋の中に入って、泥棒に気づいたときは

一方で、部屋の中に入ったときに泥棒に気づくケースもありますよね。
こういう時は、まずその場から立ち去りましょう。
そして、安全な場所まで移動をして通報することが必要です。
「もう荒らされたあとだ」と思っていたとしても、実はどこかに泥棒が潜んでいるかもしれません。
できるだけ素早く逃げて下さい。
ここで、なにか武器を…と考える人もいるかもしれませんが、武器をもつよりまず逃げることを優先しましょう。

まず大切なのは命である

まず、何よりも大切なのは命になりますので、命を守るためには何が必要かをかんがえることです。
決して、犯人を捕まえるなどということは考えないこと。
それならば、警察がきちんとやってくれます。
でも、その時に命を守ることができるのはほかでもない自分しかいません。
「命を守るためには、無理をしない」ということは何より大切なことになりますので、もし空き巣に入られたことがわかっても逃げて、警察に通報をすることが一番です。
まず大切なのは命であること、無理をしないこと、これをまず徹底してくださいね。何かがあってから、後悔しても遅いです。