1. >
  2. >
  3. 窓の補助錠を考える

窓の補助錠を考える

泥棒の多くは、窓から侵入してくるらしい

泥棒は、いったいどんなところから侵入をしてくるのでしょうか。
こういった「窓から入ってくるのか」もちょっとかいてみます。

なぜ泥棒は窓を選ぶの?

これにはいろいろな理由があると思いますが、まず「窓から」だと外から見えにくいということがありますよね。
庭に面している窓の場合、塀や木などがあればそれが邪魔でそとからなかをうかがうことはできません。
庭にある植木や塀は、住んでいる人にしてみれば「人目を避けることができて快適」かもしれませんが、泥棒からみても「盗みやすい」という格好のルートになってしまうので、注意をしなければなりません。
住んでいる人にしてみれば、「まさか塀を超えて庭から入ってこないだろう」とおもうかもしれませんが、それをやってのける泥棒はたくさんいるということですね。

だからこそ、補助錠

だからこそ、補助錠をつかうわけです。
特に「庭から侵入しやすい家」に住んでいる人の場合、この補助錠をつけることで泥棒に入られる危険がグンと少なくなりますので、注意をしてみてください。
補助錠にはいろいろな種類がありますが、オススメしたいのは「窓の上下につけるタイプの補助錠」です。
万が一、ガラスを割って侵入して来ようとしても、この補助錠があるというだけで侵入は難しくなりますので、[
万が一にそなえたい」と考えている人にオススメです。

他にも、補助錠には種類がたくさんありますので、「これ」というものを選んでみてください。
そうすることで、家の侵入されやすさも変わってきますのでオススメです。

まず、自分の家の防犯対策を考えたた時「ここからは入ってこないだろう」などと言う過信はしないこと。
泥棒はどこから入ってくるかわからないし、わからないから泥棒なのです。
「ここからは無理だろう」というところから、泥棒が押し入ってくることもあります。
本当に意外なところから泥棒ははいってくることがあるので、「ここからは無理だろう」という過信はしないことが大事なのです。

補助錠はいろいろな種類がありますので、もし「自宅の防犯対策を完璧にしたい」ということがあるなら、やはり一度補助錠に目を向けてみると良いでしょう、「こういう補助錠もあるんだ」と思ってしまうほど種類も豊富ですし、つかいやすい補助錠がみつかるといいですよね。
泥棒を撃退するために、本当にいろいろな工夫をしてみてほしい。
そして、泥棒に入れないような家づくりを考えてみてほしい、そう思います。