1. >
  2. >
  3. 知っているようで知らない警備員の仕事とは

知っているようで知らない警備員の仕事とは

街中を歩けば、1人は目にするといってよいほど警備員は色々な場所に配置されています。仕事内容も環境によって変わり、中には資格を有していないとできない業務あります。

ここでは、日常の生活でよく目にする警備員の仕事とはどのようものか、収入なども含めて紹介していきます。

警備員の業務

施設警備

まず、警備員の業務内容は「警備業法」という法律によって区分されています。そのなかで、オフィスビルや銀行などの建物に常駐して周囲に怪しい人がいないか監視する施設警備の業務があります。建物の玄関前付近に警備員が配置されているところを見た人は多いでしょう。

また、施設警備員はその場所に留まって警備をするだけでなく、建物周辺を歩いて周りに不審者がいないかを確認したり、監視カメラによって映し出された映像を見続けて建物内に危害を加えるものがないかをチェックします。

「関係者以外立ち入り禁止」という扉の前で、警備員が配置されている場合もあります。その出入り口付近に常駐し、施設や関係者に降りかかる危険性を遠ざけます。

交通誘導・雑踏警備

施設警備員以外に、工事現場や大手スーパーの駐車場で交通整理をしている警備員もいます。これは交通誘導業務と呼ばれ、第2号業務に位置づけられます。主に、人や車が混在する場所でのアクシデントを防ぐために配置されています。

交通誘導業務と同様に、雑踏警備業務も第2号警備業務です。イベントや祭りのような行事には多くの人が集まるため、接触事故以外にも予測できない事故に起因してしまうおそれも考えられるため、予想される事故を未然に防ぐよう対策をとり、もし発生した場合もすぐに素早い対応を求められるのが雑踏警備業務です。

輸送警備

第3号警備業務となる輸送警備業務では、貴重品や危険物を取り扱うため警備員の1人以上は資格保持者の配置が定められています。警備員は基本的に資格がなくても問題ありませんが、輸送警備業務では資格を取得が望ましい業務です。警備業界に勤めていれば、時期がくれば会社のほうから受験の依頼がくることが多いです。
この資格は「貴重品運搬警備業務検定」と呼ばれるもので、国家資格ですので合格すれば業務にも活かすことはもちろん、キャリアアップにも繋げられます。

一般的に、ボディガードも警備員の業務の1つです。身辺警護といわれ第4号警備業務に属しています。
近年では、子供の登下校やストーカー対策に身辺警護業務が活用されるようになり、以前よりも身近な警備業務となっています。

警備員の収入

警備員は、業務の根本的な部分は同じですが場所によって様々な形態をもっているのが理解いただけたかと思います。警備業界のニーズはいまだ衰えることなく、今後も活躍が期待される職業です。そのため、警備員になりたいと思っている人も多いでしょう。

また、収入についてですが、一般的な目安として、警備員の年収は正社員が300万円、アルバイトでは時給が1000円前後だといわれています。管理職に就いたり、警備の資格を取得したりすることでも給与アップが狙えます。
警備員は未経験でも募集がかけられている場合も多いので、まずはアルバイトとして入社し、知識や経験を積んでから正社員として活躍するというキャリアパスも、比較的叶いやすい職種だといえるでしょう。

尚、警備員の仕事求人を探す場合は、警備業界に特化した求人サイトから探すという方法が一番効率的です。
中でも、セキュリティワークでは未経験採用や女性積極採用の求人も多数掲載されていて、キャリアアドバイザーに相談すれば非公開求人も紹介してもらえるので、積極的に活用しましょう。