1. >
  2. >
  3. カーテンを選ぶ

カーテンを選ぶ

マンションの防犯対策として大切なのは、第三者にたいして、その家にどのような人が住んでいるのかを知られないようにすることです。
マンションを外から第三者が覗いたときにそこに住んでいる人の個人情報を推察できるものにはどのようなものがあるでしょうか?
多くのマンションでは、表の通りに面した位置にバルコニーがあり、そこにはカーテンがかかっています。

光を通すタイプのカーテン

カーテンを閉めれば部屋の中は見えませんが、カーテンの色や柄というのは外から完全にさらされている状態にあるのです。
もし、女性の一人暮らしにおいて、いかにも女性らしい花柄やキャラクター柄、あるいはピンク色などのカーテンがかけられていれば、そこに女性が住んでいるという個人情報をまき散らしているようなものです。
また、カーテンには遮光タイプと光を通すタイプがありますが、光を通すタイプのカーテンの場合、夜間に外から明るい家の中を見た場合に人の動きがシルエットになって映し出されてしまう可能性があります。
もっとも、遮光カーテンは朝になっても自然な太陽光が入らないことで、寝起きが悪くなることやホルモンバランスが悪くなることなどの弊害もあるので、一概に遮光カーテンがいいとは言い切れませんが、光を通すタイプのカーテンにはそのようなリスクがあることは覚えておいて損はないでしょう。

カーテンレールの本数によって工夫が違う

では、防犯の面から考えた時に、どのようなカーテンを選ぶのがもっとも適しているのでしょうか?
個人情報を漏らさない、という意味では、「どこにでも売っているような無難なもの」ということになります。
しかし、それではつまらない、という人もいるでしょう。
そのようなばあい、もしカーテンレールが2本あるタイプの窓であれば工夫をすることが可能ですよ。
外側のカーテンレールには、どこにでもあるような無難なカーテンをつけ、内側のカーテンだけを思い切り個性的にするのです。
これなら、心置きなく趣味のインテリアを楽しむことができますよね。

目的に応じてカーテンを選ぶ

また、カーテンではなくブラインドやロールスクリーンを使用するというのもひとつの方法です。
ブラインドというのは、金属製の細長い羽をひもで束ねたもので、それをたたんだり広げたりすることで使います。
光の入り具合を調整できるメリットがあり、カーテンだとダニがつくのが気になるという人にもおすすめです。
防犯の観点をしっかり視野に入れつつ、目的に応じて、カーテンを選ぶことでより快適なマンション暮らしが可能になりますよ。