1. >
  2. >
  3. 犯罪のおこりにくい物件

犯罪のおこりにくい物件

犯罪がおこりにくいマンションって?

「マンションは空き巣が入りにくい」、そんな風に思っている人はいませんか?

特に、オートロックのマンションに住んでいる人は「オートロックのマンションは犯罪に遭いにくい」などと勘違いしているケースが多いので、注意をしなければなりません。では、どんなところに気をつけたらいいのでしょうか。

侵入しにくい家である

まず重要になってくるのが、泥棒がみて「この家には入れないな」と思うような雰囲気を作ることです。

泥棒と言うのは、ある日適当にその家に入ってものを盗むのではありません。前々から盗みに入る家を決めていて、監視して、「この家だったら入ることができそうだ」と思っている場合に空き巣に入ることが解っています。なので、泥棒を中に入れないためには「しっかりと防犯対策をしておく」ということが不可欠になるわけです。では、どうしたらそういった雰囲気をつくることができるのでしょうか。

まず、家全体が「手入れが行き届いた状態」にしておくことです。ベランダを綺麗にしておくこと、ゴミを放置しておかないこと、すべて大事です。こういて手入れが行き届いた家と言うのは、住人がきちんと家の管理をしているということが伝わりますので、泥棒も「この家は避けよう」と敬遠する可能性がとても高いです。なので、ぜひとも「外からみえる部分は整えておく」などのことに気を使ってみてくださいね。こうやって「綺麗にしておく」というのは、相手にスキを見せないということから本当にオススメです。

金目のモノが無い

泥棒はお金のありそうな家を積極的に狙います。逆に、お金になりそうなものが無い家は敬遠されがちです。どんなに酔狂な泥棒でも、リスクを冒してまでお金にならないような行動はとりません。そのため、多額のお金や宝石類、高級な調度品などがある家は、それだけで泥棒を呼び込みやすくなります。そのため、泥棒に盗まれるものがたくさんある家は、それだけセキュリティ対策をしっかりと整える必要があるのです。

隣近所とは親しくしておいた方がいい

また、隣近所とは親しくしておくことをお勧めします。

今は、どうしても住宅事情の関係から「あまり近所と接しない」という人が多いのですが、こういった状態だと犯罪が発生しやすくなります。例えば、不審者が廊下を歩いていても「住人かな」と思って見逃してしまうケースがありますよね。こうならないように、日ごろから隣近所との関係はできるだけとっておいて、情報交換などをしておかれることをお勧めします。

犯罪に遭ってから後悔しても、時間は戻ってきてくれません。だからこそ、私たちはきちんと考えて防犯対策をすることが必要になるのです。「マンションだから大丈夫」などとは、間違っても思わないことが大切です。犯罪はどんなとき、どんな場所でも起きるのだということを、きちんと考えておく必要があるでしょう。