1. >
  2. >
  3. 合鍵を作る注意点

合鍵を作る注意点

「マンションの鍵を無くしてしまった」という経験がある人も多いでしょう。
マンションの鍵を無くしてしまうと、本当に大変です。
とあるケースでは、エレベーターの隙間に鍵を落としてしまい、拾うことができなくなって困った・・・ということもあるほど。

早い段階で合鍵を作る

これが合鍵なら良いですが、賃貸マンションで管理会社からもらったマスターキーの場合、「出る時に鍵代を支払わなければならない」という可能性も出てきます。
どの位の金額かにもよりますが、一本でも無くすと大体15000円から20000円くらいは取られるようですので、早い段階で合鍵を作る様にしましょう。

さて、そんな合鍵ですが、管理はしっかりする様にしましょう。
ある事件で、「同じマンションの住人が落とした合鍵を使って部屋に侵入した」と言うものがありました。
鍵を落とした住人は殺害されてしまい、大変大きなニュースとして取り扱われました。

「すぐに鍵をつけかえる」などの対策

合鍵一本でこの様な事件に発展することもあるのです。
どんなにしっかりした合鍵を作っても、落として誰かに拾われてしまったらおしまいでしょう。
鍵はどんなものであってもきちんと管理をし、万が一合鍵を無くしてしまった場合は「すぐに鍵をつけかえる」などの対策をとる必要があります。

そして、合鍵は簡単に人に貸さないこと。
スペアキーからでも、合鍵は簡単に作れてしまいます。
仲が良い友達だから、恋人だから・・・こういう理由で合鍵を渡してしまい、後にトラブルに巻き込まれてしまう例が無いとも限りません。
鍵が一本あれば、簡単に部屋に入ることができてしまいますので、鍵の管理だけは徹底して行う様にしましょう。
また、合鍵は場所によっては「作ることを禁止している」と言う場合もありますので、鍵を作る前にきちんとマンションに確認しておくことも必要です。

簡単に合鍵を作ることができるタイプ

多くの犯罪に言えることですが、ちょっとした油断が予想もつかない様な大事件になってしまうことも少なくないのです。
特に、鍵の場合は「簡単に合鍵を作ることができるタイプのものが多く、また鍵さえあれば簡単に部屋を開けることができる」と言うものも多いので、できれば自分の部屋の鍵がどんなタイプの鍵なのかを見極めておくと良いです。
あまりにも簡単に開けることができる場合は、管理会社などに相談をして変えるのも手。
もしくは、鍵を増やすなどの対策をすると良いかもしれません。

自分の生活を守ることができるのは、何をおいてもまず自分です。
鍵の管理をはじめ、防犯への意識を高く持ち、「絶対に犯罪に巻き込まれない!」と言う気持ちを忘れずにすごしましょう。