補助錠 

一戸建ての住宅だけでなく、マンションの1階や低層階に住んでいる場合、窓からの空き巣の侵入のリスクが付きまといます。
そんな窓からの侵入を防ぐために、窓の防犯多作をとることは、とても大切なこと。

ドアや窓のサッシ、侵入口をがっちりガードするためのアイテムとして、「補助錠」があります。
ベランダとの出入り口にのような比較的大きな窓やサッシからトイレの小窓まで、ともかく窓であれば種類を選ばずに使えるので、防犯アイテムとしても、とくによく利用されているものではないでしょうか。

窓のサイズを気にせずに使えるだけでなく値段が手ごろなこともこの補助錠の良いところ。
さらに、窓を開けたい・・・という場合でも、すぐにロックを解除できることも便利ですよね。

その一方で、簡易型の補助錠は、窓ガラスを割ってしまえば簡単に開けられるため、防犯力はやや弱いといえるのです。
より強力な補助錠として、鍵で開けるタイプがあります。
また、暗所番号を打ち込んで開けるタイプなども防犯力の高さではメリットが大きいかもしれません。

空き巣の中には、窓ガラスをガラス切りなどで窓を切り抜き、そこから手を入れて窓を開けるというケースもとても多いので、ガラスを割られた場合でも防犯できるタイプを選ぶことは重要なポイントです。
また、窓を細い隙間で開けて換気する時に、少しだけ開けた状態で固定できる機能の付いたものを選ぶと便利ですよ。

さらに便利なものとして、同じ鍵で複数うの補助錠を扱えるタイプもあります。
これならば、窓に2つ以上の補助錠をつけていても、必要に応じてすぐに開けることができるでしょう。

また、補助錠を窓に取り付ける場合には、両面テープを使ったタイプがイチオシです。
補助錠には窓の「さん」に固定するものもありますが、これは意外と使いづらいもの。
またこのタイプは、サッシと窓の間に金具を挟み込んだ状態が続くため、窓枠をいためる可能性があり、とくに賃貸住宅では、あまりおすすめできません。

最近の補助錠は、とても使いやすく、それでいて機能の高いものが数多くあります。
これらを活用することは、簡単に防犯力を高めることが可能になり、毎日の生活を安全で快適にすることができるのです。