ガードプレート

ガードプレートというのは、防犯グッズの中ではあまり知られていない部類に入るものであるかもしれません。
これは、外部から鍵をこじ開けて侵入するタイプの空き巣被害などに大きな効果のある防犯対策です。
ガードプレートの構造はとてもシンプル。
ドアの隙間を、薄い金属の板によってふさぐだけです。

これは、ピッキングが玄関の扉のすきまから行われることが多いのに着目したもの。
玄関のドアと、その外側の枠の部分には、わずかな隙間があります。
この隙間に手を入れることはもちろん不可能ですが、細い工具であれば入れることができてしまうのです。
そして、この隙間からピッキングを行って鍵を開けてしまう手口が多く発生しているのが現実。

そのため、この隙間をあらかじめプレートをかぶせることで塞いでしまおう、というのがこのガードプレートなのです。
ガードプレートは、ドアのメーカーや形式によってそれぞれ合う製品が異なってきますが、なかには、どこのメーカーのドアにも使える万能タイプのガードプレートも存在します。

ガードプレーを選ぶ時にはいくつかのポイントをチェックする必要があるでしょう。

・強度はしっかりしているか?

防犯グッズですから、なんといっても強度が大切です。
具体的な防犯力をメーカーのサイトなどできちんと確認して、十分な強度のあるものを選ぶようにしてください。不安な場合には、通販サイトの口コミなどを確認してみるのも一つの方法ですよ。

・サイズは適合しているか?

前述のように、ガードプレートはドアの形式やサイズに応じて選ぶ必要があります。
あらかじめきちんと確認して、購入してから合わない・・・などということのないようにしたいものです。

・ドアを傷つけることがないか?
ガードプレートを取り付けたことで、ドア本体を傷めてしまうようでは本末転倒です。
きちんと防犯をしながら、なおかつドアを傷めないタイプを選びたいものです。

ガードプレートを導入することは、外見的にも「防犯対策に力を入れている」ということが伝わります。
これは、空き巣にとっては大きな脅威となるでしょう。
防犯対策をしっかりととっている場所に、空き巣は近づかないもの。
つまり、ガードプレートをとりつけるだけで、被害を遠ざける力になるかもしれないのです。