ドアアラーム

空き巣被害で多いのが、むりやりドアを押しあけて家の内部に侵入するというもの。
そして、その空き巣の多くは、「ピッキング」という方法が使われています。
ピッキングというのは、玄関のカギを何らかの方法で破壊して家の中に侵入するというもの。

ピッキングの方法としては、特殊工具を使って鍵を開けるものなどがありますが、いずれにしても、不正に鍵を開けることによって侵入が起こります。
最近はピッキングされにくい鍵も販売されていますが、鍵の進化にともなって空き巣の技術も向上するという鼬ごっこの状態が続いているため、これだけでは完全に防ぐことは難しいでしょう。

こういったドアの強制開錠を防止するための防犯対策として、強力な助けとなるのが、「ドアアラーム」というアイテムです。
これは、ドアが無理やり開けられた時に大きな音でアラームが鳴るというもの。
その仕組みは次のようになっています。

・アラームを内蔵した「本体」と、ドアに取り付ける「センター」で構成されている。
・アラームの設定と解除を行なうための「リモコン」が付属している。
・このリモコンは、複数を用意することも可能。
・帰宅した時は、リモコンを使ってアラームを解除してから鍵を開ける。
・アラームの解除をせずにドアが開けられると、「不正開錠」と見なされ、アラームが鳴る。
・簡単に取り付けできるタイプが多い。
・取り付け方法は両面テープや強力なマグネットなど。
・配線工事などは不要で、乾電池で作動する。

このように、ドアアラームはとてもシンプルでありながら、強力な効果を発揮する防犯グッズなのです。
これを玄関のカギと併用することで、空き巣の侵入をしっかりと防ぐことができますよ。

そして、このようなドアアラームを設置しているということそのものが、防犯対策として大きな効果となるのです。
防犯グッズなどを多用した家は、空き巣にとっては「侵入しづらい家」として、敬遠されることが多いので、防犯グッズを取り付けているだけでも防犯対策となるケースが少なくないそうですよ。

その他には、しつこい勧誘やストーカーを撃退するために、玄関の内側からアラームをならす機能が付いていたり、家族の人数に応じてリモコンの数を増やすことも可能。
使い勝手も良く、価格も手ごろであるため、防犯対策としてはとてもおすすめの方法なんですよ。