人感チャイム

人感チャイムとは、音によって防犯効果を高めるための防犯アイテム。
これは、センサーによって人の動きを感知して、それを室内に設置したチャイムを鳴らすことで知らせるという仕組みで不審者が近づくことを防ぐもの。

これは、たんに室内で玄関先やベランダでの不審な動きをしることができるというだけではなく、不審者に対する警告としても、強い効果を発揮します。

不審者というのは、自分が住宅に侵入しようとしたときに、それが人に知られてしまうことをなによりもおそれます。
目立ってしまえば、すぐに通報されるかもしれないからです。

そのため、不審者が近づいたらすぐに音を出すというこの防犯対策は、とても効果の高いものとなるのです。
そして、それに加えてライトをつけることのできるタイプもあり、これはさらに防犯効果を高めることができるでしょう。

このライトの仕組みも、人感チャイムと同じ。
センサーで人の動きを感知すると、ライトのスイッチが入るようになっています。
チャイムだけ、もしくはライトだけでも十分に効果はあるものですが、その両方が組み合わされば効果はさらに大きくなるもの。

より確実な防犯対策を考えるのであれば、このような人感チャイムと人感センサがセットになったタイプを検討してみるのも良いかもしれませんね。

人感チャイムや人感センサーはドアにつけるタイプが一般的ですが、マンションなどの集合住宅の場合、玄関周りはオートロックなどでガードされているため、むしろ、ベランダや窓からの侵入を防ぐために使いたい、というケースの方が多いかもしれません。

その場合には、窓に取り付けることのできるタイプもあるので、こういったものを利用するといいですよ。
窓やベランダというのは、意外と泥棒や空き巣に意外なくらい狙われやすい場所なのです。
それは、必ずしも1階だけが危険とは限りません。

2回以上であっても、非常階段や点検用の通路などを使えば、けっこう簡単に侵入できてしまうケースも多いもの。
そのようなとき、ベランダや窓に人感チャイムや人感センサー、あるいはその両方を併用したタイプの防犯用具が取り付けられていれば、それだけでかなりのリスクを回避できるようになるはずです。

こういった、細かい部分への配慮は、「もしも」のことを考えて対策を練ることが、防犯対策のためには必要なのです。
なお、ベランダというのはマンションでは共有部分として扱われるため、こういったセンサーなどを取り付けるときに許可が必要となる場合もあります。
心配な場合には、あらかじめマンションを管理している管理会社や、マンションの理事会などに確認をしておくと、のちのちのトラブルを防ぐことができるかもしれません。