防犯システム会社 

防犯対策にプロの力を借りたいという場合、防犯システム会社に依頼することになります。
そのとき、どのような会社に依頼するのかということは、そても重要なことになるでしょう。

防犯システム会社には、老舗であり、日本でもっとも利用者の多い「セコム」や、最近シェアを伸ばしている「アルソック」などがあります。
このうち「アルソック」は、老舗の「セコム」に比べて費用が安いことで注目を集めている防犯システム会社です。

アルソックは、正式名称を「綜合警備保障株式会社」と言います。
創業は1965年と意外と古く、約50年の歴史を持っているのです。
50年前というと、ちょうど日本は高度成長期。
日本国民がどんどん裕福になっていき、それにともなって警備の需要も大きくなっていった時代でしょうね。

そんな時代に創業されたアルソックは、現在では全国の10の地域に本部を持ち、支社は日本全国に65箇所、さらに、その下に、支店が40箇所と営業所が232箇所あるなど、とても多くの拠点を持っているのです。
それだけ大きな会社のため、関連会社もあわせた従業員数というのはなんと、全国で20000人以上にものぼる大所帯です。

そんなアルソックがおこなうサービスには、一般家庭の警備をおこなうホームセキュリティをはじめ、車のセキュリティ対策や家事代行サービスなど幅広くあります。
このうち、ホームセキュリティ―のサービスでは、初めて利用する人を対象に工事費用の必要ないプランを用意するなど、リーズナブルな点が人気を集めています。

また、必要に応じてオプションを追加することも可能です。
ホームセキュリティのオプションサービスには、防犯ベルにGPS機能と通報機能のついた専用端末を持ち歩き、もしも危険が身に迫ったときにはこの防犯ベルをならすことで、すぐに警報がアルソックに届き、同時に現在位置をGPSにて検索、職員がそこへ駆けつけるというものなどがあります。

こういったオプションのための費用も、他の防犯システム会社に比べて安価であることも、アルソックのメリットであるのかもしれません。

防犯対策として、こういったプロの警備を取り入れることは、大きな安心感につながります。
多少の費用がかかっても、安心感には代えがたいと考えているひとが、今、とても増えているのです。