鍵が折れてしまったら?

鍵にまつわるトラブルで意外と多いのが、鍵を鍵穴にさした状態で折れてしまうというもの。
古い形の鍵では構造的に頭の部分と鍵穴に差し込む部分の間で折れやすくなっているそうです。
さらに、鍵は長い期間使うものなので、使い続けるうちに金属疲労が起きてしまうことがあります。
特にやっかいなのが、鍵の先が鍵穴にささった部分が取り出せなくなったケース。
折れた部位によっては簡単に鍵の先を引き抜くことができる場合もあるでしょう。
そのような場合には予備の鍵を使ったり、そこから新たに合い鍵を作ることで問題は解決します。
そのような場合は良いのですが、中には一筋縄ではいかないケースも。

しかし、鍵の先が鍵穴の中に残ってしまうともう、手に負えません。
とくにドアに鍵がかかった状態でそうなってしまえば家に入ることすらできなくなるので一大事です。
こうなってしまったら、無理をせずにすぐに鍵屋さんを呼ぶのが賢明でしょう。
自分で取り出そうとして瞬間接着剤を針金の先につけてそれを使って引きだそうとする人がいますが、これは危険です。
鍵穴の中に接着剤がついてしまうと、そのシリンダー自体が使えなくなってしまうからです。
また、家の中に入れる状態の時であれば内側からシリンダーを取り外して交換するという方法もありますが、これも初心者には難しい場合があります。
緊急事態が起きたときには、悪あがきをせずに専門業者に頼る方が良いですし、そのために日頃から最寄りの業者をチェックしておくことも大切になるかもしれませんね。

また、鍵が古くなりすぎる前に新しいものと交換することも大切。
マンションやアパートなどの集合住宅であっても、きちんとした理由があって管理会社や大家さんの許可をとれば鍵の交換は可能になることが多いのです。
最新の鍵はこのような途中で折れるトラブルを防ぐ構造になっています。
さらに、サムターン回しなどにも対応しているので防犯上の効果もとても高いのです。
このような現象は鍵の滑りが悪くなることによって起こる場合も多いので、日頃から鍵穴の回る感覚をよくチェックしておき、滑りが悪いと感じたら潤滑スプレーをかけることも大切です。
いずれにしても、日頃から鍵の状態に注意を払っておくことが、突然のトラブルを防ぐためには有効ですよ。
毎日の生活を安心して、快適に過ごすためにも鍵のメンテナンスをしっかりおこなってくださいね。