自転車置き場の防犯対策

マンションには、自転車やバイクを置いておくための駐輪場が用意されていると思いますが、ここを狙っていたずらや盗難をする犯人もいるのだそうです。
マンションだから大丈夫・・・と油断せず、駐輪場にもしっかりと防犯対策をする必要があります。
基本は、しっかりカギをかけること。
出先では鍵をかけても、家の駐輪場ではかけないという人は意外と多いようです。
その理由は、出かける時に不便だから。
そして、同じマンションの住民の人が自転車を盗むわけがない、もし誰かが盗もうとしてもすぐにわかるのだから、盗難には合わないという思いがあるようです。
しかし、自転車置き場には、マンションの住民以外のひとも入ることができます。
深夜などの人通りの少ない時間帯であれば、外部から侵入して鍵のかかっていない自転車を盗み出すことは簡単です。
そのため、油断せずにしっかり施錠をすることが重要なのです。
できれば、前輪と後輪の両方に鍵をかける「ダブルロック」がいいですよ。
最近の自転車は最初から鍵が二つついているタイプも多いですが、もし1つしかついていなければ、ワイヤーロックなどをあわせて使うことをお勧めします。

最近は自転車がブームになっているので、高価なスポーツタイプの自転車を持つ人も増えているようです。
このような自転車の場合、鍵をつけてもそれごと車のトランクなどに積んで持っていかれてしまうこともあります。
もし、住んでいるマンションの駐輪場が1台ずつタイヤをはめ込むガイドのついてるタイプなら、ワイヤーロックをガイドに通してから鍵をかけて自転車を動かせないようにするのが安全です。
また、そのようなタイプでない場合でも、屋根の柱などどこか固定できる場所を見つけて留めておくのが良いでしょう。
それも難しい場合には家の中に入れてしまうという方法もあります。
やや場所をとりますが、とくに高価な自転車の場合や、それほど頻繁には乗らないという場合にはお勧めの方法です。

自転車置き場で気を付けなければならないのは、盗難だけではありません。
夜遅くに帰ってきた住人を狙った痴漢や強盗などが隠れている可能性もあります。
もし自転車置き場に照明などがなく暗い状態であれば、管理者に話をして照明をつけてもらうのもいいでしょう。
また、自衛策として小さな懐中電灯をもちあるき、自転車置き場にはいったらそれをつけるという方法もあります。
油断せずに、しっかり対策をしたいですね。