防犯ブザー

防犯といえば、基本になるのが「防犯ブザー」の存在でしょう。
今は、学校で生徒に防犯ブザーを配布しているところも多い様で、子供たちがお揃いの防犯ブザーを持っているのを良く見かけます。
目立つ色の防犯ブザーをみんながつけているだけで、立派な防犯対策になりますよね。
それ以外にも、防犯ブザーには色々な種類があり、子供たちが宝物の様に持っていることも多いですよ。
ここで、そんな防犯ブザーについて少し解説してみましょう。

まずは、子供たちに大人気の「ポケットモンスター」のキャラクターをあしらった防犯ブザー。
色々なキャラクターの防犯ブザーがありますので、好きなキャラクターのものを購入すれば、子供たちにとって大切な持ち物となるでしょう。
また、防犯ブザーは毎日持ち歩くものですので、可愛いデザインの方が子供たちも喜びますよね。
小さなブザーですが、大きさからは想像できないほど大きな音が鳴りますので、不審者撃退に必ず役立つでしょう。
小学校一年生くらいのお子さんは、持ち物を見せあいっこして自慢するのが大好き。
ポケモンの防犯ブザーを持つことで、きっとクラスの人気者になることができますよ。

また、防犯ブザーには「ランドセルにつけることを想定して作られた商品」もあります。
これは「ブザーつりつり」と言う名称の防犯ブザー用のナイロンなのですが、ランドセルの肩にかける部分に装着できる様になっているのが特徴。
防犯ブザーと言うと、ランドセルの側面にぶら下げる様につけるのが一般的ですが、これだと何かあった時でも「子供の手が届かず、防犯ブザーを使うことができない」と言うことになってしまいがち。
これでは、何の為の防犯ブザーなのか解りません。
そのことを考慮して作られたのが、この「ブザーつりつり」なのです。
まずはこの「防犯ブザーつりつり」をランドセルのベルトにはめ、そのナイロンにあるひっかける場所に防犯ブザーをつけられる様になっています。
これがあれば、手を伸ばせばすぐに防犯ブザーを鳴らすことができるので、何かあった時も安心ですよ。
いざと言う時に子供たちがちゃんと防犯ブザーを使うことが出来る様、この様な工夫をしておくことは非常に大切なことではないでしょうか。

また、防犯ブザーを購入したら、きちんと子供たちに使い方を教えておきましょう。
音も、一度は鳴らして「どんな音なのか」を確認しておきましょう。
通学路ではどんな事件が起きるかわかりません。
近年は、保護者が道路に立つなどして交通指導をするケースが増えていますが、それでもこういった防犯ブザーで「いざ」に備えておくことは大事です。

また、防犯ブザーに頼らない防犯対策をしておくことも必要。
ちょっと危険な通学路があったら、きちんと対策をしておくなど、日ごろから危険な場所についての意識を高めておくことは犯罪防止につながります。
大切な子供たちを守るために、みんなで協力し合い、注意喚起をしていきましょう。